cover
笠置寺・海住山寺 御朱印めぐり

笠置寺・海住山寺 めぐり  

 

この記事では、海住山寺そして磨崖仏で知られる笠置寺をめぐる伊賀街道御朱印めぐりを紹介しています。

 

笠置寺  

 

笠置寺は、京都府の南東部、奈良県境に位置する笠置町にある真言宗智山派の寺院です。 最寄駅はJR関西本線笠置駅
ですが、徒歩で40分ほどかかります。 山号は鹿鷺山、本尊は磨崖仏の巨大な弥勒仏になります。


 

寺の歴史案内によりますと、東西に流れる木津川の南側に位置する標高289メートルの笠置山は、山中のいたる
ところに花崗岩の巨石があり、この地は寺ができる前から山岳信仰、巨石信仰の霊地であったそうです。

創建年などは不詳のようですが、寺の縁起によりますと、今からおよそ1300年前、東大寺の実忠和尚、その師
であった良弁僧正によって、大岩石に仏像が彫刻され、その仏を中心として、笠置山全体が一大修行場として
栄えてきたそうです。   本尊は、高さ15メートルの岩に刻まれた弥勒磨崖仏(写真下)になります。


 

弥勒磨崖仏の礼堂になっている正月堂(写真下)は、東大寺二月堂で行われる「お水取り」の起源となったお堂

と言われています。

 
 

本尊の隣にある石造十三重塔は、鎌倉時代末から室町時代に建立されたもので重要文化財になっています。

正月堂の近くには、弥勒仏の他に虚空蔵菩薩磨崖仏(写真下)もあります。

修行場には「胎内くぐり」「ゆるぎ石」などと名付けられた岩が点在しています。


 

いただいた御朱印には、「磨崖仏 弥勒佛」と書かれていました。


   

海住山寺  

海住山寺は、京都府木津川市加茂町にある真言宗智山派の寺院です。山号は補陀洛山、本尊は十一面観音になります。
「補陀洛山」とは南方海上にあるという観音浄土の地、寺号の「海住山寺」とは南方海上に浮かぶ補陀洛山を表現し
たものになります。
寺の歴史案内によりますと、創建は天平七年(735)、聖武天皇が大仏造立の工事の平安を祈るために、良弁僧正を
開山として海住山寺の前身の観音寺を開いたのが始まりになるそうです。 その後、寺は衰退しましたが、承元二年
(1208)、貞慶によって再興され、観音寺から補陀洛山海住山寺に改められたそうです。


 

山門(写真上)をくぐると正面が明治時代に再建された本堂になります。


 

本堂の御朱印は、「十一面観世音」になります。


 

山門をくぐり右手には、文殊菩薩を安置する文殊堂(写真下)があり、「文殊菩薩」の御朱印もいただくことができます。


 

本堂の左手には、鎌倉時代初期に建立されたという国宝の五重塔が凛としたたたずまいを見せています。


 

 

奈良御朱印めぐり おすすめの宿

ホテル日航 奈良

 

★JR奈良駅前にある日航ホテルです。
柿の葉寿司や奈良漬などの奈良名物もある朝食バイキングが人気です。★

 

天然温泉スーパーホテル LOHAS・JR奈良駅

天然温泉スーパーホテル LOHAS・JR奈良駅
  ★JR奈良駅前にあるホテルで奈良公園だけでなく、飛鳥や斑鳩、そして吉野など奈良県内の御朱印めぐりの
拠点として、最適なホテルです。
「快眠」を売りにするスーパーホテルの中でも一つ上のグレード”LOHAS”,上質感あるくつろぎが期待できる
ホテルです。 焼き立てパンや地元の食材を使用した無料の朝食が評判です。
天然温泉「飛鳥の湯」も御朱印めぐりの疲れをいやしてくれると思います。★

 

さるさわ池 よしだや

さるさわ池 よしだや
  ★興福寺の南、猿沢の池の東畔に佇む優雅な宿です。和モダンのインテリはほっとくつろげる空間、趣向を凝らした
湯屋はきっと御朱印めぐりの疲れを癒してくれます。
朝6時に興福寺の鐘を聞きながら、猿沢の池のほとりを散歩するのも楽しみの一つになりそうです。★
 
 
 
ホテルウエルネス飛鳥路

 

ホテルウェルネス飛鳥路
  ★奈良公園の南側にあり、東大寺や興福寺、そして春日大社や新薬師寺などが徒歩圏内、御朱印めぐりの拠点になるホテルです。
食事に高い評価を得ているホテルですが、大浴場もあり御朱印めぐりの疲れをいやすのにもってこいのホテルです。★
カテゴリー
最新記事
英国リバティ社の生地を使ったデザイン性の高い御朱印帳です。

宿泊・レンタカー・航空券などの予約のNo.1
アマゾンの特売品・タイムセールのコーナーです
食品・飲料・日用品などの特売サイトです。
楽天ショップのおすすめ・お買い得ページです。
Amazonの御朱印本サイトです
老舗、高野山法徳堂の御朱印帳です
友禅和紙を使ったデザイン性の高い御朱印帳
ページトップ