cover
長野県 飯田市・下伊那地域 寺院 御朱印めぐり

元善光寺・長岳寺・瑠璃寺・松源寺・開善寺  飯田市・下伊那地域 寺院 御朱印めぐり

 

 

この記事では、長野県高森町から飯田市、そして阿智村に至る寺院御朱印めぐりを紹介しています。

 

 

瑠璃寺

 

瑠璃寺(るりじ)は、下伊那郡高森町にある天台宗の寺院です。

山号は大嶋山、本尊は薬師瑠璃光如来三尊佛になります。

 

 

 

寺の案内によりますと、創建は天永三年(1112)、比叡山竹林院の観誉僧都がこの地に入り、

仁王山の間の洞の樹間に出現した薬師如来に感激し、創建した寺だそうです。

 

下は、本尊の薬師瑠璃光如来三尊佛を安置する薬師堂(本堂)になります。

 

 

 

下は、観音堂になります。

 

 

 

 

なお、境内には、源頼朝の寄進という枝垂れ桜の大木があり、県の天然記念物に指定されています。

 

 

 

 

いただいた御朱印は三つです。

一つは本尊の「薬師瑠璃光如来」になります。

 

 

 

二つ目は、観音様「聖観世音」の御朱印をいただきました。

 

 

 

三つ目は、境内に建つ瑠璃の里会館に祀られている「薬師猫神」の御朱印です。

この地方では、養蚕が盛んであったころ、大事なお蚕様をねずみから守ってくれる猫を「猫神様」として大切に扱っていたそうです。瑠璃寺では本尊の薬師如来の化身として「猫神様」を祀っているそうです。

 

 

 

 

 

松源寺

 

松源寺は、下伊那郡高森町にある臨済宗妙心寺派の寺院です。山号は雲竜山、本尊は釈迦牟尼仏になります。

創建は永正八年~十年頃(1511~1513)、この地を治めた松岡家の菩提寺として建立されたようです。

境内一帯は松岡城址(写真下)、伊那谷をはさみ東側には南アルプスの山並みが広がっています。

 

 

 

 

2017年のNHK大河ドラマ、“女城主;直虎”こと井伊直虎のいいなづけだった井伊家23代当主;

井伊直親(幼名;亀之丞)が、20歳までの12年間過ごした寺になります

 

山門は、延享三年(1747)に再建されたものです。

 

 

 

本堂は、明治三十三年(1900)に再建されたものです。

 

 

 

鐘楼には、この地域の名物、干し柿がつるされていました。

 

 

 

いただいた御朱印は二つです。

 

一つ目は、本尊の「南無釈迦牟尼仏」になります。

 

 

 

 

二つ目は、井伊直親(幼名;亀之丞)の思いがこもった「望郷」の御朱印になります。

 

 

 

 

 

元善光寺

 

元善光寺(もとぜんこうじ)は、飯田市座光寺にある天台宗の寺院です。山号は定額山、

本尊は善光寺如来になります。元善光寺と称される前は坐光寺(ざこうじ)と呼ばれていて、

現在も地名にその名を残しています。

 

 

 

 

 

建は、推古天皇の御代(602)、この地の住人、本多善光公が難波の堀で阿弥陀如来(善光寺如来)

を見つけ持ち帰り、お祭りしたのが始まりだそうです。

その後、阿弥陀如来のお告げにより本尊は長野に遷座され、本多善光公の名を取って、“善光”をとって

善光寺と名付けられたそうです。そして坐光寺は元善光寺と呼ばれるようになったそうです。

 

 

 

 

長野の善光寺同様に、元善光寺でも本堂(写真上)内で“お戒壇巡り”をすることができます。お戒壇巡りとは、

仏様の体内巡りともいい、暗闇の中を手探りで進み、御本尊の真下に位置する「御錠前」に触れる

ことで仏様と、より深いご縁を結ぼうというものです。

 

いただいた御朱印には、「元善光寺」と書かれていました。

 

 

 

 

 

開善寺

 

開善寺(かいぜんじ)は、飯田市上川路にある臨済宗妙心寺派の寺院です。

山号は畳秀山、本尊は聖観音菩薩になります。

 

創建は建武二年(1335)になるそうです。

 

 

 

山門は、室町時代の建立で、国の重要文化財に指定されています。

 

 

 

 

下は本堂になります。

 

 

 

 

いただいた御朱印には、「本尊聖観世音」と書かれていました。

 

 

 

 

長岳寺

 

長岳寺(ちょうがくじ)は、長野県下伊那郡阿智村駒場にある天台宗の寺院です。

山号は廣拯山、本尊は十一面観音になります。

創建年などは不詳のようですが、伝教大師最澄により開かれた古刹になります。

 

 

 

 

長岳寺は、武田信玄公を火葬にした寺として知られています。信玄公は、天正元年、三河からの帰路、

阿智村駒場の山中で病死したと伝えられています。

昭和49年、信玄公400年祭の折、火葬塚より火葬灰を境内に移し、信玄公の供養塔として十三重塔(写真下)

が建立されたそうです。

 

 

 

 

下は本堂になります。本堂内の春夏秋冬それぞれを描いた見事な襖絵は必見です。

 

 

 

 

いただいた御朱印は二つです。

一つは、本尊の観音様「大悲殿」になります。

 

 

 

 

二つ目は、薬師如来「瑠璃殿」になります。

 

ページトップ