cover
伊勢神宮 七宮 御朱印めぐり

伊勢神宮  七宮めぐり  

 

お伊勢参りは、古くから全国津々浦々の人々が「せめて一生に一度」とあこがれ続けた旅でした。
有名な『東海道中膝栗毛』の弥次さん、喜多さんは、江戸から伊勢神宮を目指す旅に出たわけです。

このように日本人の心の故郷ともいえる伊勢神宮は、三重県伊勢市にあり、正式名称は伊勢がつかない

「神宮」になります。

天照大皇神を祀る内宮(皇大神宮)、衣食住を司り産業の守り神である豊受大御神を祀る外宮(豊受大神宮)を中心に、

他14社の別宮、43の摂社、24の末社、42の所管社、これら125の社をすべて含めて、神宮と言います。

その中で、御朱印をいただける宮社は、7つあります。

この記事では、神宮七宮をめぐる御朱印めぐりの旅を紹介しています。

 

 外宮 (豊受大神宮)  

 

神宮参拝の順路は、まず外宮、それから内宮に参拝するというのが正しいとされていますので、まず外宮から参拝です。  

外宮は、伊勢市駅から徒歩でおよそ7分程度、伊勢市豊川町にあり、皇室の先祖神である天照大神の食事を司る神様;

豊受大御神を祀っていて、正式名称は“豊受大神宮”になります。

豊受大御神は、衣食住を始めすべての産業の守り神とあがめられている神様です。

内宮が建てられたおよそ500年後、雄略天皇22年の創建と伝えられています。

 


   

 

表参道から入ると、火除橋の先が一の鳥居、そこから先は、おごそかな参道が続いていきます。

参道の左手には、勾玉の形をした“勾玉”池があり、毎年6月には菖蒲の花が咲き誇ります。

 


 

 

本殿(正殿)は、“唯一神明造”と言われる日本古来の建築様式、おごそかでかつ素朴なたたずまいを見せています。

 

 

 


 

 

伊勢神宮の御朱印は、七宮とも日本の故郷を感じさせる、シンプルなものになります。

 


   

 

 

内宮 (皇大神宮)  

 

内宮へは、外宮前から内宮行きの路線バスに乗ると10分程度、近鉄五十鈴川駅から徒歩30分ほどで着きます。

内宮は、伊勢の宇治の五十鈴川沿い伊勢市宇治館町にあり、正式名称は皇大神宮になります。

祭神は、皇室の祖先神になる天照大神で、日本人の総氏神と言われている神様です。

創建は、垂仁天皇二十六年と言われていますので、今から2020年ほど前のことになります。  

バスを降りるとすぐに、鳥居や五十鈴川にかかる“宇治橋”が伊勢神宮のおごそかな雰囲気、参拝の心構えを作ってくれます。

 

 


 

 

下の写真は、宇治橋からの五十鈴川の流れです。

 


 

 

第二鳥居をくぐり、神々の存在を感じる参道を、姿勢を正して5分ほど進むと正宮になります。

 


 

 

平安時代の末期に、真言宗の僧であった西行が伊勢神宮参拝の折に 『なにごとの おわしますかは知らねども 

かたじけなさに涙こぼるる』と詠んだと言われています。

伊勢神宮の参道を歩いていると、木々の間に神々を感じ、心が洗われていきます。

 

 


 

 

正宮(正殿)は、外宮と同じ“唯一神明造”という日本古来の建築様式でたてられています。

社の紹介によりますと、伊勢神宮の式年遷宮とは、20年に一度、社殿を造り替える大祭を言います。

建物全てを建て替えし、さらに殿内の装束や神宝を新調して、御神体を新宮へ遷すことになります。

「第62回式年遷宮」は、平成二十五年(2013)に行われています。考えてみますと、20年に一度建て

なおすということは、その都度前の姿に戻ること、古来の様式を確実に後世に伝えてくれていると言えそうです。

 

 
     

 

 

月読宮  

 

月読宮(つきよみのみや)は、内宮の別宮で、近鉄五十鈴川駅から徒歩10分程度の伊勢市中村町にあります。

 


 

 

祭神の月読尊は、天照大御神の弟神で、外宮別宮の“月夜見宮”の祭神も月読尊になります。

神宮の案内によりますと「月を読む」と記すとおり、月の満ち欠けを教え、暦を司る神様になります。

 

 

 

社殿は向かって右から月読荒御魂宮②、月読宮①、伊佐奈岐宮③、伊佐奈弥宮④の四別宮が並んで鎮座しています。

案内によりますと、①から④の順にお参りするのが一般的だそうです。 下の写真中央が、月読宮になります。

 


 

 

次の写真は、月読荒御魂宮になります。

 

 

 


   

 

月夜見宮  

 

月夜見宮(つきよみのみや)は、外宮から北へ約300m、伊勢市駅から西へ約500m、徒歩8分ほどの所に

ある外宮の別宮です。

 


 

 

祭神は、月読宮に祀られている月読尊と同じになる“月夜見尊”と、その荒ぶる神霊である“月夜見尊荒御魂”

(つきよみのみことのあらみたま)の2柱になります。 下の写真は、月夜見宮になります。

 


 

 

下は、摂社高河原神社になります。

 

 


   

 

 

瀧原宮  

 

瀧原宮(たきはらのみや)は、内宮から南西方向へ40キロほど離れたJR瀧原駅から、徒歩25分ほどの

三重県大紀町滝原にある内宮の別宮です。

 

 

 

瀧原宮と瀧原竝宮(たきはらならびのみや)の2つの別宮が併設されていますが、どちらも同じ天照大御神御魂を祀っています。

下の写真、向かって右手が瀧原宮、左が瀧原竝宮になります。

 


 

 

案内によりますと、お参りは瀧原宮、瀧原並宮の順にされるのが一般的だそうです。 下は瀧原宮になります。

 

 


   

 

 

伊雑宮  

 

伊雑宮(いざわのみや)は、近鉄志摩線上之郷駅から徒歩5分ほどの志摩市磯部町にある内宮の別宮になります。

 

 


 

 

祭神に、天照大御神御魂を祀っていて、瀧原宮と共に「天照大神の遙宮(とおのみや)」と呼ばれているそうです。

神田を保有していて毎年6月24日には、日本三大御田植祭の一つとされる「御田植祭」が行われるそうです。  

下の写真が伊雑宮になります。

 

 

 


   

 

 

倭姫宮  

 

倭姫宮(やまとひめのみや)は、近鉄五十鈴川駅から徒歩10分ほどの伊勢市楠部町にある内宮の別宮です。

 

 


 

 

祭神は、11代垂仁天皇の皇女と伝わる倭姫命になります。 倭姫命は、天照大御神を祀る宮を定めるため大和の国

から数国を経たのち、現在地に皇大神宮を創建し、神宮の祭祀と経営の基盤を確立された神様だそうです。  

下の写真が倭姫宮になります。

 

 


 

 

伊勢御朱印めぐり おすすめの宿

 

伊勢外宮参道 伊勢神泉  

伊勢外宮参道 伊勢神泉
 

★伊勢市駅前、外宮参道に2013年にオープンした温泉旅館です。

神の恵みである天然温泉の宿、旅館の良さとホテルのよさを兼ね備えた宿として評判です。

伊勢の豊富な海の幸を使った料理も高い評価を得ています。★

 

 

伊勢志摩二見浦 夫婦岩前 旅館 大石屋

伊勢志摩 二見浦 夫婦岩前 旅館 大石屋
 

★目の前に伊勢湾が広がり、夫婦岩が建つ全館畳敷きのお宿です。

朝の散歩、夫婦岩から登る朝日が見えたらそれだけで宿泊の価値がありそうです。

大浴場には露天風呂とサウナ付、海の幸を使った料理が自慢のお宿です★

 

 

鳥羽グランドホテル  

鳥羽グランドホテル
 

★高台に建ち、鳥羽の海の絶景が楽しめる宿、伊勢神宮まで車で20分の近さも魅力です。

海を見ながら展望露天風呂で疲れを癒し、季節を感じる鳥羽の海鮮料理に舌ずつみ、最高です★

 

 

ホテル 志摩スペイン村  

ホテル志摩スペイン村
 

★テーマパーク”スペイン村”にあるスペインアンダルシア地方をイメージしたリゾートホテルです。

伊勢神宮からは、車で40分ほどの所にあります。 夕陽を見ながら開放感ある露天風呂で疲れを癒してください。

食事はスペイン料理はもちろん、伊勢志摩の海の幸を使った日本料理も堪能できます。★

 

 

 ☆御朱印帳購入先のご案内

 

 

御朱印帳を専門に製作、販売している業者もあり、様々なデザインの御朱印帳が販売され、インターネットで

購入することが出来ます。
専門業者ですので、品揃えが多く自分好みのグッドなデザインの御朱印帳を手に入れることが出来ると思います。

なお、一般的には、蛇腹式で40ページか60ページのものを選ばれるとよいと思います。

 

法徳堂 楽天市場店 品ぞろえが多く、グッドデザインの御朱印帳がそろっています。

 

てくてくおへんろさん 四国八十八か所霊場めぐり用品のデパートです。一般の御朱印帳もそろっています。

 

Amazonの御朱印帳 品ぞろえが多く、売れ筋の御朱印帳が分かります。

 

Amazonの御朱印収集ガイドブック 御朱印収集に役立つ様々な書籍が販売されています。

ページトップ