御朱印集めの基礎
御朱印とは何かを知ろう

御朱印とは、寺院や神社に参拝していただくことが出来る御宝印や社名を朱で押した印と御本尊名や社名などが墨書きされたものです。
その寺社に参拝した証、記念のいただきもの、旅の想い出になるものです。
達筆で迫力あるものやシンプルで飾り気のないもの、また可愛い動物入りのものや寺社ゆかりのしるしが入るものなど個性豊かでバラエティに富んでいます。
御朱印はそれを見ているだけでも心安らぐものですし、記念写真のように皆さんの楽しい旅の想い出になるものと思います。

御朱印

また御朱印は、単なるスタンプとは違い、お札やお守りと同じように、神仏に敬意を払っていただいたとても貴重なものですし、自分の思いが込められたありがたく大切なものとも言えましょう。
きっと一生の宝物になるのではと思います。

御朱印

御朱印はお寺から始まりました。
そもそも御朱印は、納経印とも言われるように、お寺で写経をし、それを奉納した証としていただけるものでした。
お寺で始まった御朱印が、その後神社に広がり、現在では、一般参拝が出来るほとんどの寺社でいただけるようになっています。
ただし、京都の西本願寺や東本願寺をはじめ、偶像崇拝を行わない浄土真宗のお寺の多くでは、御朱印をいただくことはできません。

御朱印の見方を知っておこう

寺社でいただく御朱印には、それぞれ個性があり、多種多様に見えますが、基本的な成り立ちはほぼ同じです。
いただいた御朱印に書かれている言葉、その意味を理解できるようになりますと、御朱印集めは一層楽しいものになると思います。
御朱印めぐりの旅の紹介では、いただいた御朱印の意味も個別に紹介していますので、御朱印めぐりの参考にしていただければと思います。
ここでは、基本的な成り立ちを紹介します。

寺院の御朱印

神社に比べますと、御朱印の要素が少し多く、バラエティに富んでいるように見えますが、基本的な構図はほとんど同じとみて良いと思います。
その寺院の本尊名が入った御朱印をいただく場合が多いと思います。
御朱印は、書いてくださる方から頂くものではなく、ご本尊からの授かりものであるわけです。
なかにはご本尊の教えや本尊が安置されているお堂名の御朱印をいただく場合もあります。
拝観し、参拝をし、いただいた御朱印の言葉、その意味や背景を確認してみるのも御朱印めぐりの一つの楽しみと思います。

no1

no2

no3

no4

no5

no6

no7

神社の御朱印

神社の御朱印は、シンプルなものが多く、比較的理解しやすいと思います。
中には、その神社の由来や言い伝えなどに関係する動物などをモチーフとして、押印されている楽しいものもあるのが神社の御朱印の特徴です。

no1

no2

no3

no4

no5

no6

マナーを大切に、御朱印をいただこう

御朱印は、あくまでも参拝の証であることを心得ておきましょう。
神仏に敬意を払い、帽子や背負っているリュックなどはとって、神聖な気持ちで参拝し、それから御朱印所(社務所など)に参りましょう。

参拝もせずに御朱印をいただく方もおりますが、これではせっかくいただいた御朱印も台無しです。
ただし参拝客の多い大規模な寺社の中には、待ち時間を考慮して、参拝前に御朱印帳をあずかることを勧めている所もありますので、その時はそれに従いましょう。

御朱印を依頼する時

「御朱印をお願いします」と申し上げるとよいでしょう。
そして書いていただきたいページを開いて、御朱印帳を提出しましょう。

御朱印を書いていただいている時

書く方の気が散らないよう、声をかけたり、のぞいたりしないようにしましょう。

御朱印を受け取る時

「ありがとうございます。いただきます」と礼を述べて帰りましょう。
お寺の御朱印は、本来はご本尊様から頂くものです。
敬意を払って頂きたいものです。

御朱印代について

寺社によって異なる所もありますが、一頁、300円の所がほとんどです。
お釣りは、一般的にはいただけますが、お釣りがでないよう予め小銭を用意しておくのがエチケットと言えましょう。

英国リバティ社の生地を使ったデザイン性の高い御朱印帳です。

宿泊・レンタカー・航空券などの予約のNo.1
人気商品豊富 デパ地下スイーツサイトです
カメラ・時計・家電からバック・ジュエリー、ゴルフ・スポーツ用品など中古品が何でもあります
楽天ショップの季節特集ページです。
Amazonの御朱印本サイトです
老舗、高野山法徳堂の御朱印帳です
友禅和紙を使ったデザイン性の高い御朱印帳
ページトップ